奇跡ドクターが処女膜再生をする軌跡|ミラクル手術

女性

再生手術の内容

医者

処女膜再生手術には3種類の方法があります。手術内容によって費用にも大きな差が発生してしまうため、自分がどういった理由で処女膜再生手術を受けたいのかをしっかり考える必要があります。手術の中でも比較的に一番簡単だとされているのはプチ手術です。粘膜部分にあるヒダを糸で縫合することで擬似的に処女膜を作り出すというものです。処女膜が破れて出血したかのように見せることができますし、手術時間も5分程度で終わらせることができます。手術をしたその日はお風呂に入ることはできませんが、翌日からは通常通りに過ごすことができます。しかし、プチ手術は手術後7日以内に行為を行わなければ出血しないことがあるため注意が必要です。費用は一番安く、一般的な相場は13万円前後と言われています。

処女膜のヒダを縫合することで再生を図る糸での縫合手術やレーザーでの縫合手術は、プチ手術のように期間限定ではありません。15程度で手術は終了しますが、しっかりと縫合手術を行うため、運動や入浴に制限がかかってしまいます。7日は湯船での入浴は控えるようにと決められていますし、激しい運動も暫くは行うことができません。行為自体に関しても、手術後1ヶ月は行うことができません。縫合手術はプチ手術よりも高額な費用がかかり、手術糸を用いた手術の場合なら相場が19万円ほどで、レーザーを使用した縫合手術の場合は21万円が一般的だとされています。処女膜再生手術では、健康保険などはおりないため全額自己負担です。そのため、手術を行う美容クリニックを選択する際にはしっかりと費用を確認することが大切となります。費用を明確に提示していないクリニックは避け、誠実で優良なクリニックを探しましょう。